パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

サラリーマン必見?!オススメしたい立ち回り

2019/06/02
 





サラリーマンとして約4年の月日が経ってしまった。
本当は一年目くらいで辞める予定が大分崩れてしまい、ここまでダラダラきてしまった。
今の目標はただただ、サラリーマンを辞めることである。

そんな自分は貯金がない。
四年働いて貯金はないのだ。
これは非常に残念なことである。

因みに、学生時代の方が貯金はあった。
何故なら、ひたすら自分の自由な時間があったからである。
大学にも通っていたが、留年ぎりぎりというか、謎の恩赦により、留年は免れてしまった。
今思うと留年をしたときとしなかった今とでは人生が大きく違っていたはずだ。
どちらがよいか、と言われれば、本当にどちらが良かったか答えが出ないほどである。

留年していなければ今の生活。
留年していれば…ほぼ間違いなく就職はしなかったであろう。
なら何をやっているか?それすら分からない暗雲である。




そんな私ではあるが、サラリーマンを辞めるためにパチスロで貯金をしようと考え、実践している。
とどのつまり、パチスロで稼げれば給料は丸々貯金みたいなものだ。
つまり、ダブルワークをすることで増やす作成だ。
真面目に働いて残業をする。こんなクソみたいな立ち回りはよくない。

定時で上がり、パチスロで稼ぐ。
これが正しい立ち回りではなかろうか?!
一般的に見ると明らかだめ人間のような感じはするが、このブログを見ているということは、
少なくとも、パチスロに興味がある、パチスロをしているという人たちがほとんどだと思う。
ならば、勝つにはどうすればよいか。
それは皆さんの思っていることそのままである。
「プラスになったら帰る」
それだけだ。

「プラスになったら帰る」
それだけかよ!と思われるかもしれないが、極論これである。
このテーマを元に考えてみてほしい。
そこのサラリーマンの方。
あなたは、会社が終わって打てる時間はいかほどか?
せいぜい2~3時間ほどではないか?
因みに自分は定時で上がれれば約4時間近くは打てる。
仮に一日3時間しか打てないと仮定しよう。
座る台は例えば「ジャグラー」
アイム系の6であれば機械割105%、ハイスペック系であれば107~109%。
つまり、3時間打ったとして理論値の期待獲得枚数は約450枚~約840枚である。
勿論毎日6をツモることなんて不可能に近いため、6のフリをした設定4にも座るかもしれない。
実際はスロットを開けて中身を確認しないと設定なんてわからない。
つまり、ブラックボックスのスロットと戦うのである。
このスロットにおいて、投資2kでBIGが3連したとしよう。
ここで合算は高設定の近似値となっている。
ここで続行か、辞めるか?
自分は辞めるを選択している。
何故なら、客層が緩くない限り、あなたが夜に来店した店で高設定が空く可能性は少ないからだ。
大体は上手い専業の人か若い人が粘っているはず。
つまり、よっぽどタイミングがいいか、客層が緩くないと会社終わりに高設定をつかむ可能性は低いのである。
その状況で投資2kでBIG3連したのであれば、マイゾーンまで回して辞めるが正解だと思われないだろうか?
勿論、続行することで今の持ち球より増える可能性はある。
しかし、会社帰りに打ちにいってそうなった展開はどれほどだろうか?
高設定っぽいから続けるは正だが、ピークの間に辞めるもの正だと思う。
何故なら会社帰りに高設定が空いている可能性は少ないからである。

自分もかなり末期な依存症である。
ほとんど打ちにいければ閉店近くまで打ち続けるタイプである。
しかし、閉店まで打ち続けることで、ピークから減ることが多い。
ピークから減って閉店を迎える時ほど無意味な時間を過ごしたと思うことはない。
なるべく少ない時間でプラス収支に収め、帰るのが一番得策だと思うようになっている。

例えばであるが、1kで差枚+500枚から全飲まれしたとしよう。
この時の収支にはなんと20kの差があるのはわかるだろうか?
全飲まれ:-1k
ピーク辞め:+11k
気持ち的には1kマイナスだが、ピークで辞めていれば+11kとなるため、20kの開きがあるのだ。
ただでさえ、サラリーマンは打てる時間が限られているのだから、ピーク、またはプラスの内に帰るというのが最も負けない立ち回りではなかろうか?
時間がないときほど、潔く引く、これだけで収支は自ずとプラスになっていくはずだ。
これから打つサラリーマンに幸大からんことを。



次の記事はこちら↓

凱旋天井狙い爆死からのデュエルドラゴンプラスで設定6ツモ?!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2018 All Rights Reserved.