パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

今更だけどハイパーリノってホントに機械割101%なの?!

2019/06/02
 





「トマトを揃えるとボーナス高確率状態」
かつでこのような機種はあったであろうか。
四号機時代の裏モノ、ストック機のような出方をする機種として話題となった。
五号機の規定上、リアルボーナスの連荘は不可能だと言われていた。
というかリアルボーナスという呼び方も好きではないが…
まあ疑似ボーナスというものが出始めたからか区別をするためにリアルボーナスという言葉が使われているのだが…
大体Aタイプを打つ自分にとってはボーナスという呼び方がやはりしっくりくる。
そんなリノではあるが、五号機では三機種リリースされている。
・リノ
・スーパーリノ
・ハイパーリノ

リノとスーパーリノに至っては、「トマト」を揃えればボーナス高確率状態となるが、
ハイパーリノに至ってはAタイプとしてリリースされている。
というか、リノとスーパーリノは何タイプと呼ばれるのだろうか…?
内容的にはAタイプだが、トマト抽選状態とボーナス抽選状態の2種類に分かれているため、
Aタイプとはまた違うような…?
今思うとボーナス高確率状態に行くためにトマトを揃える。
それが3分の1で揃い、晴れてボーナス高確率状態。
というかボーナス高確率状態に行くための抽選役が3択というのもすごい話だ。
モードを上げ下げすることで実現しているトマトシステムであるが、考えた人は本当凄いと思う。

さて、ハイパーリノの話に移ろう。
ハイパーリノとは、レンタル式のマシーンであり、フル攻略で機械割101%という台だ。
レンタル式ということもあり、機械代は安い。
しかし、出玉率はフル攻略で機械割101%越え…
ボールにとってもメーカーにとってもユーザーにとってもそこまで旨味があるような台ではある。
打ち手としては、どれ打っても設定は1段階、フル攻略で機械割101%。
かなり優秀な台である。
毎日10000G打てば一日6kのプラスとなる。
月収18万となるモンスターマシンだ。
気になる子役確率については…
実は公表されていない。
唯一トマトが約72分の1くらいだ。
後はボーナス確率がBIG1/199、REG1/199、合算1/99と言われている。
BIGで307枚、REGで90枚。
正直これくらいしか情報がないのだ。

さて、ボーナス枚数からしか判断できないが、1k辺りどれくらい回れば機械割が101%となるのか計算してみよう。
●条件
 100000G試行
 BIG307枚、REG90枚で計算

 機械割が101%超える条件:1k辺り26.1G

大体のサイトでは、1k辺り25回転のものがほとんどだったが、多分リンゴを取りこぼしての計算であろう。
実際101%超えるには、1k(50枚)で26.1G、かつ、ボーナスを確率通り引けば理論上101%になる計算だ。
実際今になっても子役確率が公表されないことから、機械割が101%超えるというのはちと怪しい気もするが…
娯楽として楽しむ分には問題ないが、一日粘るような台でもないということだ。

正直、「マンボNo.5」が搭載されていないことにガッカリせざるを得ないが…



次の記事はこちら↓

CRエルドラ…どんな機種だろうか?







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2018 All Rights Reserved.