パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

2018年12月の新台はアツい?!

2019/06/02
 





昨今、一発台と言われる機種が増えてきている。
「天下一閃」、「餃子の王将」から始まり、
「ジェットアロー」、「かつ丼」、「天竜∞」、「ライジンマン」、「シャカリーナ」、「綱取物語」、「ダイナマイトキング」…(順不同)
昔は一発台と言えば「ミサイル」なんて機種もあったりしたが、このご時世、下火となっていた。
五号機時代の機種はせいぜい羽モノ止まり。
一発当たれば何千発!なんて機種は存在していなかった。
ここに来て盛り上がりを見せているのはやはり、”規制”の二文字であろう。
パチンコも確変の最高継続率が65%(一種二種混合は除く)が最高となり、
以前のMAXタイプのような爆裂的な出玉を得るのが難しくなったのが背景と言えるだろう。

その中で一回当たれば何千発という台は一際尖って見える。
今の65%継続のパチンコを当ててもたかが知れているというところで、一発台という存在は非常に大きい。
(最近バイオハザードで90000発近くの出玉を吐き出したらしいが…)
かくいう私も上記の一発台には一通り手を出しており、
もっとも稼いだ機種が「天竜∞」、
もっとも負けているのが、「綱取物語」と「ダイナマイトキング」だ。

「天竜∞」に関しては、ホールが甘かったせいもあり、履歴がいい台が空けばツッパ、前日出てる台をツッパという立ち回りで大きく勝てた。
その分、他のホールだと扱いが全く違うところもあり、攻めるにも中々難しい機種でもある。
しかし、一度ツモればパチスロよりも格段に安定した収支を上げることができる。
逆に、「綱取物語」、「ダイナマイトキング」においては、どちらも確率分母の3倍を回して当たらなかったことから、
もう手は出していない…
ジャグラーに例えるならば、100Gの中でチェリーを引けなかったとほぼ同じ感じとなるが、
実際ジャグラーを打っていても割と起こりえる事象のため仕方ないと思っている。(よくある2G連続チェリーみたいなものを一発台でやれれば最高なのだが…)

一発台については語りたいことが山ほどあるが、今回は2018年12月リリース予定の、
・「クジラッキー」
・「沼」
・「天下一閃7000ver」
について語りたいと思う。

この中で最も打ちたい機種はやはり「沼」。
試打動画を見た方もいるかもしれないが、割と漫画の沼を忠実に再現しているような感じに思える。
というか、「沼」が本当にホールに登場する日が訪れるとは全く思っていなかっただけに期待も大きい。
当たり確率は設定によって異なるが、演出的にもかなり面白そうなので是非打ちたい。
風の演出や、クルーンを玉が覆う演出もあったりと、まだ一部しか公開されていないが、かなり楽しみな機種だ。

続いて「クジラッキー」。
これは上段役物とヘソで大当たりを抽選している。
玉の動きに一喜一憂する機種ではないが、「電役ナナシー」みたいな機種だと感じた。
上段役物は突破率が1/10だが、大当たり確率は1/4.4。当たればラッシュ。
ヘソは199.8で抽選しており、20%の確率でラッシュ。
ラッシュの継続率は87%となっており、1/4.4で8回転の時短。
仮面ライダーブラックのような感じだと思ってもらえればいい。
しかし出玉はそこまで強くなく、大体が360発。
継続率を加味すると大体4~5000発の出玉というところか。
もちろん即落ちなんかもあるため、過度な期待は禁物。
上段役物によく玉が入れば粘れるくらいであろうか…

最後は「天下一閃7000ver」。
盤面画像は出ているのか出ていないのか分からないが、
「天下一閃4500ver」よりもキツイ釘配列なんだろうと思うとなんだかなあという感じ。
ただでさえ「天下一閃4500ver」は釘を絞めると鬼のきつさになるわけだから7000verでも同じような感じになるような…
勿論1回当たれば大きな出玉を得られるが果たして…
かなり不安がある機種である。

という感じで個人的な意見で綴ってみた。
この機種達は、メーカーからのクリスマスプレゼントとなるか…
こうご期待である。



次の記事はこちら↓

5.9号機のハーデスが登場か?!







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2018 All Rights Reserved.