パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

凱旋天井狙いとシンフォギアーーー!

2019/08/27
 





撤去までには凱旋で万枚を出したい。
それが凱旋における唯一の願い。
あわよくば、GG4セット目以内にアメグレを流して歓喜の瞬間にひたりたい…
凱旋で万枚到達するには、SGG-EX、天井、GOD7発と多岐に渡る。
前にも書いたが、SGG-EXに入れたにもかかわらず、2個しかストックできなかったときはむせび泣きそうだった…
天井到達しても8割は単発と正直いいことはあまりない機種だ。
最高獲得枚数も、8900枚であるが、5スロという始末。
この先プラスになることはあるのか…

そんな凱旋で667ハマりの台が落ちていた。
時間は閉店3時間前、財布には40k。
正直微妙であるが、最近GODの天井狙いから15k枚という記事を見て、「あぁ、俺も出したい」
気づけば座っていた…
正直、GOD系の天井狙いをするときはアル中のごとく手が震えるのは私だけであろうか?
このレバーでもしかしたらGODを引くかもしれない、このレバーでストッパーが発動してしまうかもしれないと、
緊張しまくるからかいつも手が震える。
今回も例に漏れず、震えながらゲーム数を重ねていった。
投資が20kに差し掛かった時、初当たりを引く。
ゲーム数は1130Gというとこだった…
正直天井狙いをして20kまでに当たったらラッキーだと思っている。
天井ドリームの夢は費えるが、1%ループを引くよりは…後は20kであればGOD一発でプラ転というとこだからだ。
久しぶりに黄7の6連をかまし、実質V揃いのGGに成長してジエンド。
ちょい負けで済んだからよかったかな…
隣の人は天井単発だったので、まあマシな展開となってよかった。

-4k




そしてお次はシンフォギア甘。
シンフォギア甘はライトミドルに比べて、熱い演出が見やすいのもあるし、最終決戦も低投資で遊べるで良台である。
ライトミドルだと最終決戦で勝てないと精神的にも厳しいが、甘だと例え外れても次の当たりを狙いやすいのもイイ点だ。
後は脳汁ポイントもたくさんあって面白い。
シンフォギアだからか割と釘も甘めなところが多く、新台として導入されてから今に至るまで大体1k20オーバーの釘が多い。
(1k20回転だとボーダーを下回るが…)
その分連荘性能も高いため、ある程度投資しても捲れるビジョンが見れる。
65%規制という中、ここまでの大ヒット作となるのは予想していなかったが、今後もこういった機種が出ることを切に願う。

シンフォギア実践は投資4.5kから当たり。

単手紙からデュランダル→戦記絶唱チャンス→絶唱から当たりという感じだった。
最終決戦も推してまいるさんが4人とクリスが一匹だったがレバブルして当たり。
Vストックも絡めつつ…

10連荘。

したのはいいが、いつになったら15Rを引けるんだ…
かれこれ右打ちで30回程当てているはずだが、この20%をこんなに引けないものか…
むしろ65%ってこんな継続するんですっけ?のレベルだ。
北斗7なら万発の引きのようにも思える。
見方を変えれば、80%ループが30連していると思うと仕方がないように思える…
このループは凱旋の天井80%でやってくれ…
しかし振り分けこそ負けているがシンフォギア甘では何故かトータルプラス…
まあ釘が良かったり初当たりよかったりの影響だろうな…
いつかは15Rを引きたいなあ









- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2018 All Rights Reserved.