パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

【あの花】パチンコが設定付きの一種二種混合タイプでリリース!

2019/07/04
 

遂に「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」、

通称「あの花」が遂にパチンコでリリースされる。

原作は2011年に放送されたアニメ。

もう8年前なんだね~。

当時は自分がまだ大学生の頃だ。

あらすじを簡単に話すと、

昔は6人の幼馴染達で仲が良かったんだけど、芽衣子(ヒロイン)の死で皆疎遠になっちゃうんだよね。

でも突然、主人公の仁太の元に、死んだはずの芽衣子が現れる。

どうやら芽衣子は願い事を叶えてほしいとのこと…

仁太はその願い事を叶えるために動き出し、それに釣られて幼馴染も集まり始める…

芽衣子の願い事とはなんだったのかーーーーー。

という感じかな。

すげーざっくり書いたけど、ネタバレ書くの嫌いだからこんな感じに抑えてます。

アニメを見た感想は、号泣するほどの感動物だった。

ホント、一度は絶対見てほしいアニメだ。

後は曲。

エンディングでは、「secret base」が使われている。

元々は、「ZONE」が発売していた曲なのだが、本アニメにも使われている。

一番の目玉は、歌手がアニメに登場する本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織)なのである!

ただでさえ感動するこの曲にヒロインの芽衣子の声が入るだけで最早泣きそうになる素晴らしいクオリティである。

是非一度聞いてみてほしい。

そろそろ季節も夏になるしね…

この季節にピッタリの楽曲だ。

 

パチンコのスペック

 

「あの花」が懐かしすぎてちと語ってしまった。

さて、簡単なスペックは、

★設定は6段階

★一種二種混合のシンフォギアタイプ

パチンコの「Rewrite」みたいな感じかな。

 

設定ごとの確率

 

設定 確率 右打ち
1 1/231 1/7.45
2 1/221 1/7.44
3 1/212 1/7.43
4 1/203 1/7.42
5 1/177 1/7.38
6 1/155 1/7.33

振り分け

★特図1(ヘソ)

ラウンド数 出玉 電サポ 振り分け
4R通常 約440発 7回 10%
4R通常 約440発 1回 90%

★特図2(右打ち)

ラウンド数 出玉 電サポ 振り分け
10R通常 約1100発 7回 75%
4R通常 約440発 7回 25%

スペックを見る感じ、高設定は甘く見えるが気のせいか…?

右打ちの出玉も平均するとシンフォギア並みではなかろうか。

ただ、低設定が大分きつそうなイメージ…

実質、シンフォギアよりも重い確率になっただけのパチンコという感じのため、できるなら高設定を掴みたい機種である。

開発しているメーカーはSammyのため、初代のパチスロ・北斗の拳のように、20連したらアニメのラストが流れるとかだったらホールで号泣する人が続出であろう。

「あの花」の台横にはティッシュホルダーを付けるホールも現れる可能性もありそうだ。

 

早く打ちたいね

 

自分は元々結構なオタクだったので、アニメ系の版権物が出ると毎回楽しみだ。

特に「あの花」は大学生時代のアニメであり、端的に懐かしい!

久しぶりにアニメを見ながらインスピレーションを高めつつ、新台入替に備えていきたいと思う。

余談だが、パチスロ・バジリスクで初めてエンディングを見た時は、出玉といい、感動のラストシーンといい、ホールで泣いた記憶がある。(ヤバイやつ)

傍から見ればやべえやつなんだが、今回もそうなってしまいそうだ…







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.