パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

【Googleアドセンス】ads.txtの警告が出た時の対処法

2019/07/08
 

先ほど、Googleアドセンスのホーム画面を見ると警告が…

「要注意 – ads.txt ファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すく修正してください。」

はて?何をしてしまったのだろうか…?

調べてみると、どうやら「ads.txt」が設置されていないことによる警告らしい…

 

ads.txt って何?

 

自分が調べた感じ、「ads.txt」があることで、

「この人は、Googleアドセンスの広告を貼ってもいい人だよ」

という証明書のようなものだと認識した。

つまり、現実世界に置き換えると、無許可で露天営業をしている人になってしまうということだ。

露天営業をしたいなら許可を取ってね。

許可の取り方は、「ads.txt」を設置するだけだよ。

だからやっておいてね。

みたいな感じだ。

 

ヘルプを見ても意味が分からない

 

正直、これだけ見ても初心者の人は意味が分からないだろう。

私も分からなかった。

せいぜい、テキストファイルを作ることはできるが、サイト運営者IDは分からんし、ルートドメインでホストしますも分からない。

とにかく調べてみると…自分的にads.txtについてまとめてるサイトが分かりにくい‥

画像とかなくて、文字ばかりだけだから結局Googleのヘルプと同じような感じ‥

というか、初心者向けのサイトがないんだなこれが‥

肝心なルートドメインでホストするっていうところが絶望的に分からなかった。

結果的に数々のサイトを調べ上げ、なんとかできたのでその手法をお伝えしていきたいと思う。

 

ads.txt の警告を消す手順

 

前提条件として、

・レンタルサーバ…エックスサーバー

・ワードプレス導入

という環境下での手順なのですが、多分基本は変わらないかと思います。

 

1.テキストファイル作成

 

メモ帳でも、sakuraエディタでもいいので、「ads.txt」のファイル名で作成します。

テキストファイルには、「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

の文言をコピペ。

赤字になっている箇所がありますね?

この部分を、サイト運営者IDに書き換えます。

サイト運営者IDは、下記手順で確認。

➀Googleアドセンスのホーム画面に行く

➁アカウントクリック

➂アカウント情報クリック

サイト運営者IDのとこが出ますね?

画像は隠してますが、右側に出てきます。

これを「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

の赤くなっている箇所と置き換えるだけでOKです。

もしも運営者IDが、pub-123456789だったら、

「google.com, pub-123456789, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

にするだけ。

後は保存すればOKです。

 

2.ルートドメインでホスト

 

まずは、「FFFTP」というソフトをインストールしましょう。

自分は下記のサイトからインストールしました。(無料です)

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ffftp/

インストールしたら、レンタルサーバを契約しているメールから、

こんな部分を見つけましょう。

一番最初に来たメールの結構下の方にあるはずです。

ここの情報が分かったら、FFFTPを使って「ads.txt」をアップロードしていこう。

➀ホストの設定

 FFFTPを起動して、さっきのメールの内容を入力していきましょう。

ホストの設定名…エックスサーバー

ホスト名…FTPホスト名

ユーザー名…FTPユーザー名

パスワード…FTPパスワード

を入力すればOK。

➁ルートドメイン配下に移動

右側の「ここ使う」の部分を設定していきます。

まずは自分のブログから「https://」を除いたURLのフォルダがあると思うのでダブルクリック。

「public_html」をダブルクリック

その後は、➀で作った「ads.txt」を上の画像の「ここ使う」にドラッグすればOK。

ドラッグする際には、バイナリ形式でアップロードしてください。

(上の画像だと、メニューの中にある、ツールの↓にBとなっているボタンがあるので、そこをクリックすれば、バイナリ形式になります)

 

3.ads.txt がちゃんと配置されたか確認

 

確認方法は二つ。

➀URL直打ち

 ドメインが、「https://hogehoge.com」の場合、「https://hogehoge.com/ads.txt」にする。

 ads.txtの内容が表示されればOK。

➁サイトを使って確認

 https://fe.datasign.co/adstxt/

 ドメインを入れるだけで確認できます。

 

警告って怖いよね

 

一応今回の警告が出たら対応しておくことをオススメします。

何故なら、広告が表示されなくなる可能性があるためです。

皆様の参考となれば幸いです。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.