パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

加熱式タバコならglo(グロー)!値段&オススメしたい理由

2019/07/02
 

近年、加熱式タバコの普及が加速している。

従来の紙巻タバコであれば、タバコに火をつけモクモクしながら吸うものだ。

タバコとライターを用意することで吸うことができる。

加熱式タバコとは、名前の通りタバコを加熱して吸える代物。

タバコと加熱用の機械があれば吸うことができる。

私自身も紙巻タバコを愛用していたのだが、奥さんから「タバコを辞めてくれ、もしくは加熱式のを試してみないか」と言われていた。

自分自身も、「加熱式タバコは世界最先端の代物だ、次世代タバコでカッコいいじゃないか」と思っていたので、試してみることに。

自分が購入したのはglo

気づけばかれこれ2年余愛用する代物になっている。

今回は、そんなgloを使ってみての感想&メリット、デメリットをお伝えしようと思う。

 

最初に吸った時は本気で禁煙を考えるレベルだった

 

gloを初めに吸った時は、吸い方に戸惑った。

一般的に紙巻タバコと加熱式タバコは同じ吸い方なのだが、吸ってる感じは別物。

加熱式タバコは文字通り、タバコを加熱するためタバコの吸い口から若干熱い。

紙巻タバコであれば、先端の燃えている部分が近づく程熱くなるというだけで、吸い口自体は熱くならない。

加熱式は常時ほんのり吸い口が熱を帯びるため、ここが違いだ。

そして初めて吸った感想は‥不味い

紙巻タバコ時代は、今だとWinstonになってしまったが、キャスターを愛用していた。

なのでレギュラータイプを吸いたいと思っていたので試したところ不味すぎてキツかった思い出。

「あぁ、これを吸い続けたらホント禁煙できそう‥」

と思いながら、普段吸わないメンソールを試したところ、「お、レギュラーよりは100倍マシだ」そんな感想を抱いた。

周りでもgloを吸っている人が増えたので、感想を聞いてたらするとやはりメンソール派が多い。

初めてgloを試される方はメンソールから試してみることをオススメする。

(レギュラーの美味しさは設定差特大だ…)

因みに「さわやかメンソール」という銘柄が好きだったのだが、残念ながら廃版になってしまい、今は強メンソールを愛用している。

gloのさわやかメンソールが販売終了!急いで買いに行くべし!

好きな銘柄程、無くなるのが悲しいものはない…

 

gloのメリット

 

メリットはホントにメリット。

①匂いが少ない

紙巻タバコに比べると、匂いは格段に少ない。

タールも含まれていないため、部屋や車で吸っても壁が黄ばむこともないし、匂いも時間が経てばほぼ無くなる。

紙巻タバコだと持ってる手が異常に臭くなるが、そういったこともない。

吐息に関しては自分では分からないが、加熱式タバコを吸う人だと「こいつヤニくせぇ‥」と思うことは少ない。

多分これもタールが無いからであろう。

壁が黄ばまないというのは、つまり肺も黄ばまないということだと思う。

小学校の時に見た保健体育の教科書のような肺にはならないのではないのであろうか。

余談だが、近くに紙巻タバコの人が近寄ってくるのを異常に嫌うようになったのもglo効果かもしれない…

②害が少ない

タバコと言えば、副流煙。

何故か主流煙よりも副流煙が害があるらしい。

この副流煙は、gloだとほぼ出ないようだ。

なので、周りへの影響もそんなに無いという話だ。

一部の飲食店では、紙巻はNGだけど加熱式はOKという店もあるくらい。

パチンコ屋においても、昨今禁煙ホールが増えてきている。

その禁煙ホールでも、加熱式だけは吸ってOK、紙巻は喫煙室というところもあった。

あれは茨城県のパールショップともえという店だったな。

この店はスロット専門店だったが、何故かコクッチーブラックを5台導入しており、しっかり設定が入っていた。

遠くてなかなか行けないんだけどね。

タバコ自体嫌われる風潮にあるが、加熱式は何故か優遇される傾向にある。

その理由はやはり、害が少ないと認識されているからであろう。

gloにおいては、一箱で紙巻タバコ2本分の害という話。

タバコ2本分で言えば、1/10の害で済むということだ。

タバコを吸う時点で健康とは言えないが、タバコは吸いたいけど健康も気になる、という方であれば加熱式タバコを吸うのがベストであろう。

➂値段が安い

amazonの値段を見てもらいたい。

お値段わずか3000円程度!

因みに有名どころのIQOSはというと…?

倍近く違う!

「加熱式タバコを吸ってみたいけど値段が高そう」と思われるかもしれないが、gloだと安く済むためオススメ。

因みに値段だけではない。

gloの会員登録をしておくことで、購入日から1年間は無料保証期間となる。

壊れたり、故障したりした場合、なんと無償で新品と交換してくれるのだ。

自分は最初の1年間で実に3回故障したが、全て無償で交換対応をしてくれた。

交換対応をする際は、近くのgloストアに行けば対応してもらえる。

なので、初期投資としても年間で3100円しかかからないため、これが一番のオススメの理由となる。

 

デメリット

 

勿論メリットだけではない。

①吸う本数が増える

うん、増えたねこれは。

元々1日40本のヘビースモーカー時代を越し、社会人になってからは1日10本ペースで紙巻タバコを消化していた。

といっても、単に数時間が減っただけなんですけどね。

加熱式タバコを吸うようになってからは、1日大体12~15本くらいに増えた。

といっても、一番吸っていた時期に比べたら大したことないけども…

個人差はありますが、大体今の紙巻タバコの1.2~1.5倍に本数が増えるんじゃないかな?

紙巻タバコよりかは圧倒的に吸いごたえ感が少ない。

紙巻タバコは肺にガツンと来る感じで例えれば、加熱式タバコはスカッ…という感じ。

そんな感じだからか、必然的に吸った気にならない→本数が増えるという風になる。

そうなるとかかるタバコ代自体も1.2~1.5倍に増える計算。

値段も460円~490円なので、わかば、エコーを吸っている人からすれば、加熱式タバコに変えることで経済状況も大分違ってきてしまう。

そういった面では、金銭的なデメリットは否めない。

②故障しやすい

加熱式タバコは機械ですかね…

自分自身もgloを使っていますが、故障はそこそこあった。

・電源ボタンが効かなくなったり(2回)

・掃除をしなさすぎて、中にタバコのカスがこびりついて吸えなくなったり(1回)

・中のツメが壊れて吸えなくなったり(1回)

機械なんで、やっぱり故障はつきもの。

後は定期的に掃除をしておかないと、今度はタバコが折れやすくなったり、入りにくくなったりする。

なので、そういった定期作業を怠ると、一時的に吸えない時間が出てくるため逆にストレスが溜まる要因に…

自分は仕事中に壊れてしまい、急遽コンビニで買って充電器でなんとか凌いだことも…

紙巻タバコであれば、タバコもライターも買いに行くだけで済みますが、万が一仕事中に加熱式タバコが壊れたらと思うと恐怖しかない。

そういった意味では、急な故障の対応が若干面倒というところもデメリットであろう。

 

デメリットを考慮してもメリットが勝る、それがglo

 

自分にとっては、デメリットよりもメリットの方が高い。

何故なら、タバコを辞めれる気がしないけど、健康に気を使えている気がするからだ。

それに周りへの影響も少ないし、車の中で吸ったとしても、窓を開けておけば全然匂いが残らないくらいだからだ。

紙巻タバコであれば、家の外に出たりパーキングに車を止めてわざわざ吸いにいったりしていたが、gloにすることで家の中と車の中にいながら済ませることができるのだ。

特に車の運転中なんかだと、「あぁ、ねみいなぁ…、でもパーキングまで遠いなぁ」と思っても、gloであれば匂いも気にせず目が覚めるだろう。

何より、私の奥さんもタバコについてとやかく言うことがほとんどなくなったので、こちらにしてもいいことである。

結果的に、自分も周りもWin-Winの関係になった。

glo様様である。

コストはかかるが、それを上回る程のメリットがあると自分は感じているため、gloが気になる、加熱式タバコを試してみたい!というのであれば、是非ご購入を検討されてみてほしい。







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.