パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

消費税の増税により、せどり、Amazon、ヤフオク、メルカリに影響あり?

 

郵便料金が10月から値上げになるとのこと。

通常ハガキが62円→63円。

25gまでの定型郵便物が82円→84円。

その他、ゆうパックやレターパック等も、合わせて値上げになるそうだ。

これは増税による値上げとのこと。

そうなると年賀状の値段も上がってしまうんですかね…私は出す人が全然いないので関係ないですけど…。

消費税についても、10%に増税というのが濃厚みたい。

ほんの5年前に消費税8%になったばかりなのに早すぎる。

短いスパンで増税ということは、所詮消費税8%というのも所詮付け焼き刃だったかと思わずにはいられない。

郵便料金が値上げされるということは、せどりにも影響が出てきそうですね。

特に、メルカリなんかだと、郵送料金値上げで商品自体の値段が若干高騰するか、手数料も今だと10%ですが、12%とかになる可能性もありそう。

自分もいらないものはメルカリに出品してたりするんですが、こちらにも影響が出そうだ…

後はAmazonやヤフオクの配送なんかにも影響がでる可能性もあるかもで、ECサイトにも若干変化が起こりそうです。

 

消費税の歴史を振り返ってみると‥?

 

やたら消費税増税が多くなった、日本。

自分がお金を使い始めた時はまだ5%だったのに、気づけば10%。

消費税はそう簡単に上がらないものだと思っていたので、軽く歴史を振り返りました。

1989年:消費税3%

1997年:消費税5%

2014年:消費税8%

2019年:消費税10%

一番長かったのは消費税5%の時代ですね。

実に17年間維持できていたのにも関わらず、安倍総理になってからは、短いスパンで消費税が5%→8%→10%と倍プッシュの動きが入ってます。

国民からすれば所得は上がらないのに、税金だけ上がるというのは如何なものか。

 

パチ屋の換金率が低くなったのも増税だったね

 

軒並み等価交換が多く、5.5枚とか6枚交換という店は少なかった。

それが、増税8%ということで、50枚貸の56枚交換だったり、47枚貸の49枚交換等、様々な交換率が出てきた。

等価交換の間隔と比べると、やったら換金率で持ってかれるなあと思う一方だ。

今となっては、5.6枚交換の店には全く行かなくなってしまった。

昔はもっと交換率が悪く、7枚、8枚交換という店が多く、設定状況はいいところが多かったらしい。

それに比べ、今は設定状況も悪いし、釘も悪いしいいところはほとんどない…

しかし、新台の牙狼が割とゲロアマな感じを出しているため、ちょい期待だ。

 

増税に対抗するには

 

やはり本業に頼らず、別の収益源を作ることではなかろうか。

所得が変わらず、税金だけ高くなるのが、今後も続くとすれば、益々経済格差は広がっていく一方だ。

自分の年齢的にも、年金が貰えるとは到底思えないため、今はブログでの収益化を狙っている。

本業をしていても、大して給料も上がらないし、業種的にも先が見えているので、早々と退職を目論見ている。

行動するのに遅いということはない。

ブログでの収益化はデメリットよりもメリットが大きいため、実戦することをオススメしたい。

収益化のために何をすればいいか分からない!という方は、下に記事を用意しているので、そちらを参考としてもらえれば幸いだ。

パチンコ・パチスロブログってGoogleアドセンスの審査って通るの?

 







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.