パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?のラストに戦慄…隠されたメッセージとは?

2019/08/22
 




夏ですね。

夏が題材のアニメや映画を見たくなるこの季節。

2017年劇場公開の、

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

タイトルが最近のラノベみたいに長いのが気になりますが、この作品は元々1993年にドラマ化されていた作品。

約20年近くの時を経てアニメ化されて劇場公開となりました。

パチスロに例えると、4号機から5号機に移り変わる時代背景と酷似していますね。

打ち上げ花火と言っても、大体の人は下からしか見たことがないのではないでしょうか?

打ち上げ花火の特性上、上空何十メートルというところで花開きます。

余程の高層マンションや、高層ビルから見ていなければ横から見ることは叶わないですね。

手持ち花火なら、横から見るのも可能ですが、打ち上げ花火のような形状で地上数十センチメートルで花開くものは存在しないのでやはり見れません。

てかそんな花火があったら危険ですね。

 

 

打ち上げ花火セットなるものも打ってましたが、映画で見る迫力ではなさそう…

夏なので、屋上で打ち上げ花火をしましょうかね。

さて、物語ではこの打ち上げ花火を下から見る、横から見るというのがどのように関わってくるのか。

そして謎と言われる物語のラストについて考察していきます。




 

題材はタイムリープ系

 

あらすじは、主人公典道がひたすらタイムリープを繰り返し、謎のラストを迎えるというものです。

(大雑把)

自分にとってタイムリープ系の作品と言えば、

・まどマギ

・シュタゲ

が代表作です。

本映画の制作会社はシャフトなので、まどマギと同じ製作会社となってます。

ただ、個人的にタイムリープ系ってバッドエンドが多い気がするんですよね‥

まどマギとかシュタゲはネタバレになるので言えませんが一つ言えるのが

「未来を変えようとすると、他の未来に影響が出る」

これだけは間違いありません。

更に影響が出る未来を更に変えようとして、更に先の未来に影響が出る。

イタチごっこなんですよね。

本映画でも、正にそんな感じで、タイムリープを繰り返すことで未来が徐々に狂い、変わり始めます。

この、「未来が狂う」というのに個人的に最もマッチした曲が

「終わりの世界から」

最近ご結婚なされた、やなぎやぎの曲です。

個人的に曲の内容をまとめてみました。

 

好きな男の子が、私以外の人を好きになってしまった。

私では太刀打ちできないから、過去に戻ってその男の子との関係をやり直そうとする。

しかし、戻った世界は私が想像している世界じゃなかった。

私は大きいままで、それ以外が過去に戻った世界。

男の子は、いなくなった女の子を探しにいこうとする。

私は、男の子に言った。

「私があなたが探している子だよ」

そう伝えると、一面灰色の世界になった。

手に持ってたのは、古びたカラーの写真だけ。

これだけを頼りに、私の旅が始まるーーーーー。

 

過去を変えずとも、自分から何かアプローチをすることで変わる未来もあったのではないか‥

そう思わされる曲です。

個人的には結構好きな曲なんですよね。

過去を変えようとして、狂ってしまった世界がそこに描かれています。

過去の男の子は、女の子が大切な人だったという描写があるので

さて、本映画のタイムリープについて触れていきます。




 

もしも玉を投げることでタイムリープする

 

もしも、ここをこうしていれば

もしも、今行動していたら

もしも、宝くじが当たっていたら

そんな「もしも」の願いを抱いて投げることで願いを叶えてくれるのがこの玉です。

物語では、自分が買えたい未来に対してもしも玉を投げていきます。

私が持っていたとしたら‥怖くて使えませんね笑

主人公典道がもしも玉を使っていくことで、未来はどんどん変わっていきます。

ここでタイトルの話に戻ります。

打ち上げ花火を下から見るか、横から見るか

この観点が少し重要になります。

打ち上げ花火は大体の人が下から見ます。

下から見た打ち上げ花火の形は、丸っぽいですよね。

横からは私自身見たことはありませんが、本映画では丸と平べったい楕円の意見がありました。

タイムリープをすることで、見え方が変わってきます。

・タイムリープ前→丸

・タイムリープするにつれて→平べったい楕円

典道は、最初から丸の意見でした。

しかし、タイムリープをするにつれて、横から見る打ち上げ花火の形が平べったい楕円に変わっていきます。

シュタゲで言うならば、

「世界線が変わる」

本映画についても同じことが言えます。

もしも玉を投げてタイムリープすることで、どんどん世界線が変わっていったのです。

少し前にお伝えした、「終わりの世界から」とも共通してますよね。

世界線が変わる先に待つのが…謎の多いあのラストとなるわけです。




 

典道は別の世界線に取り残された?

 

本映画のラストでは、学校の出席を取る場面があります。

そこでは、ヒロインのなずなが呼ばれていませんでした。

そして典道も学校に来ていません。

ここが最も謎だと言われています。

私の考えとしては、典道が別の世界線に取り残されたのではないか?という仮説です。

表向きには、なずなは転校となっているのでラストに登場しないのは納得です。

しかし、典道はいません。

ラストになぜ、主人公の典道が出てこないのか?

典道は何度かもしも玉を使ってタイムリープをしています。

なので、何度かタイムリープする内に現実世界に戻ってこれなくなった可能性があります。

ラストに出てくる学校の出欠のシーンが現実世界だと仮定すると、典道がいるのは別の世界線。

典道が「もしも」の世界を追い求めた結果、いつのまにか別の世界線から戻れなくなったのでは?というのが考察です。

そう思うと、花火や青春からかけ離れた恐怖がありますね‥

しかし真実は謎のままなので、仮説の域を出ないです。

 

この物語で伝えたかったこととは?

 

基本的に登場人物の年代は中学生です。

中学生であれば、一人で生きることは難しい。

ヒロインであるなずなは、幼い頃に父親を亡くしています。

しかし、母親の再婚話で父親との思い出のある街を離れることになります。

なので、なずなは家出等で抵抗をします。

そんな時に主人公である典道と出会います。

典道はなずなの境遇に同情したのか、それとも他の感情があったのか、「もしも玉」でタイムリープをしてなんとかなずなを助け出そうとしました。

・家出のフォロー

・駆け落ち同然の電車旅

しかし、やはり中身は中学生です。

お金の事などもあるので、どうにも上手くいかないことばかり。

でも典道は諦めず、なずなを助けるためにタイムリープを繰り返す‥

そして気づけば、別の世界線に取り残されてしまった‥。

もしも、登場人物の設定が大人であれば、力づくでなんとかするかもしれません。

しかし中学生の典道は、必死でなんとかして変えようと頑張った。

頑張ったけども、横から見る花火が平べったい楕円になるほど歪んだ世界線に取り残されてしまう。

この物語の舞台は、千葉県の旭市というところです。

2011年の東日本大震災の被災地でもあります。

このヒントを手掛かりにすると、

 

過去はどうやっても変えられない。

でも未来は変えられる。

それは様々な方法で。

変えるには、諦めない心が一番重要。

もしも玉のように、もしもを突き止めていけば、未来は変えられる。

 

こんなことを伝えたかったのではないかと思います。

東日本大震災では、防波堤の高さなんかが足りないという話も大災害の原因だったと言われています。

「もしもドデカイ津波が来たら?」

そんなもしもを考えることで、この先同じような震災が起こっても大丈夫…そんなメッセージが込められているのかもしれませんね。

まだまだ謎の部分が多いだけに、深い物語だと思います。

話しの内容も青春と夏、という感じで面白いです。

シャフトが製作会社なので、化物語の戦場ヶ原ひたぎとなずなが結構似てる感じに見える部分もありますね。

夏にはピッタリの映画です。

 

主題歌を歌うDAOKOさんについて

 

調べて見ると、割とびっくり。

主題歌である、「打ち上げ花火」はDAOKOさんの3rdシングルとなっており、YouTubeでなんと3億再生近く…

1997年生まれということで、現在22歳だと思われます。

歌手になった発端は、15歳の時にニコニコ動画に投稿した楽曲で注目が集まって、今に至ります。

こんなにお若いのにホント凄い…!

1曲でこんなに再生されるなんて、レディーガガ並みですね。

この曲が好きなので、CDを買って車でよく聞いてます。

 

 

因みにサントラもあるのですが、こっちもオススメです。

 

 

最後に一番気になる謎を一つ。

公式サイトがね…消えているんですよ。

※リンクはこちら

打ち上げ花火の動画の概要欄にも公式サイトのURLが貼られているんですが、存在しなくなってます。

一つ分かるのが、お名前ドットコムでドメインを取ったということだけ。

私自身も、ドメインを持っているので多少知識はあるのですが、多分レンタルサーバ代の払い忘れなんじゃないかと思ってます…

ドメインとレンタルサーバは、基本的に毎月利用料金が発生します。

なので、料金を払わなければサイト自体は消えることになります。

ドメインだけは残っている状態で、中身がないということは、恐らくレンタルサーバ代を払わなかったことに起因する可能性がめちゃくちゃ高いです。

本当にサイト自体を消すのであれば、ドメインも残す必要がないですからね。

最後まで謎の多い、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」でした。













- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.