攻略情報

スロット カイジ沼は超絶ハイエナ機?!エンディング後即辞め台は超チャンス!

スロットカイジ沼が2020年3月16日に導入開始です。

恐ろしいのは脅威のエンディング到達率…!

スペック

設定 AT確率 出玉率
1 1/1189.7 97.90%
2 1/1138.2 99.10%
3 1/1077.5 100.90%
4 1/979.3 104.00%
5 1/908.6 108.10%
6 1/893.3 110.20%

詳細について見ていきます。

ATの概要

 

純増…9枚

1セット300枚ループで減算区間無しのノンストップAT。

300枚→600枚→900枚→1200枚の順番でエンディングに到達すると思われます。

エンディング到達率は、70%(設定1)~88%(設定6)

エンディングは1200枚で終了。

1200枚に到達する直前は枚数調整で1200枚より多く取れると思われます。(多分)

 

リゼロ同様、「沼攻略戦」というCZが存在するようなので、メインルートはCZ突破→AT

6号機の設定6と言えば、AT初当たりが軽く一撃がないのがデフォですが、沼は違います。

純粋に高設定程ATが伸びやすく、低設定は若干伸びにくい仕様です。

ただ、設定1でもエンディング到達率は70%あるためどの設定でもATに入れば期待が持てます。

エンディング到達後は256G以内がチャンス?!

 

エンディング到達後は、256G以内の「沼攻略戦」が濃厚です。

沼攻略戦はATへのメインルート。

ここで当てれば設定に応じて、70%~88%で1200枚のエンディング到達です。

なので、スランプグラフを見て1200枚出たところで即辞めされていたらハイエナチャンス。

見つけたら256Gまで回しましょう。

 

ハイエナの注意点もあり?!

 

6号機なので1500Gの有利区間を搭載しています。

エンディング到達までは純増9枚なので、133.3Gかかる計算。

恐らくですが、1500Gの有利区間内でエンディング2回到達した場合、有利区間リセットが濃厚です。

スランプグラフでAT初当たりで1200枚→256GでCZからAT当選で1200枚だと上記に該当します。

なので、ハイエナの際にはデータカウンターを注意してみる必要があります。

AT初当たり自体もかなり重いため、拾える機会は少ないと思いますが拾えた時の恩恵は大きいです。

 

天井について

 

※現段階では不明

 

リールは4thリール

 

6号機では2作目となる4thリールとなってます。

1作目は花伝ですね。

 

まとめ

 

スランプグラフを見て1200枚出て即やめされていたら256Gまで打つ。

スランプグラフでAT初当たりで1200枚→256GでCZからAT当選で1200枚だと有利区間リセットの可能性大。

導入が楽しみです。

-攻略情報

Copyright© スロリスクタイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.