実践記事

【化物語2】物語シリーズで、天井狙いからあとがたり!恩恵等について

物語シリーズで色々引いてあとがたりまで行きました。

この機種で出すには、豊富な爆発契機があります。

 

契機

・倍々チャンス

・超倍々チャンス

・ボーナス

・あとがたり

 

今回は上の爆発契機を全部を引いて、あとがたりまで行った話です。

AT突入時には、倍々チャンスを必ず経由しますがここが1番のトリガーだと思います。

では、見ていきましょう。

物語シリーズの期待値稼働開始

 

普段はあんまり落ちてませんが、269G辞めの台を発見。

引用元:期待値見える化さん

期待値は約1800円

天井狙いで打っていきます。

 

天井について

天井ゲーム数:200G or 500G

恩恵:傾物語当選

※スイカ成立ごとに5G〜100G、天井ゲーム数を短縮。

 

ぶっちゃけ、スイカで天井ゲーム数の短縮をしてるのかは疑問があります。

スイカ合算は、設定1〜設定6で1/90〜84.2

天井までハマるとしても、5回〜6回くらいは引ける計算です。

なのに、500G越えで当たってる履歴をよく見かけます…

なので、この部分の解析はあんまり信用しない方が良さそう。

勿論、たまたまスイカを1回も引かなかった可能性もありますけどね。

 

恩恵の傾物語ですが、15GのAT(1G/2.8枚)で、本ATの倖時間のCZ的な役割を果たします。

傾物語を突破できれば、本ATの倖時間に移行します。

突破できなければ、そこで終了。

 

通常時は、

➀結末の儀(傾物語のCZ)

②傾物語(倖時間のCZかつAT)

➂倖時間(本AT)

の順番でAT当選を目指すゲーム性。

 

マジハロ4で、CZのCZはクソという話もありましたが、物語シリーズで実装されるとは‥

天井まで行けば、結末の儀を経由しないのがせめてもの救いでしょうか。

 

実践の方は、天井に行かず通常時から当選した結末の儀を無事突破。

傾物語も56%でしたが、こちらも突破し本ATである倖時間へ。

 

倖時間当選時は、150枚+倍々チャンス

この倍々チャンスを上手く事故らせればあとがたりまで行く可能性が出てきます。

最初の倍々チャンスは、7枚×37倍で+259枚!

体感、5号機の化物語よりも乗りやすいような気がします。

409枚スタートなので、実質140Gスタート!

ここから怒涛の上乗せが開始。

 

忍ちゃん演出から、

祝!

 

これが青7ボーナス!

ボーナスは前作同様、赤と青の2種類で上乗せレベルがあります。

レベル 赤7 青7
レベル1 89.8%
レベル2 9.0% 89.8%
レベル3 1.2% 10.2%

簡単にボーナスを説明すると、ベル以外を引ければ上乗せ確定

レベル1‥ベルの50%で上乗せ

レベル2‥ベルの66.8%で上乗せ

レベル3‥ベルの80.1%で上乗せ

 

青7ボーナスなので、レベル2か3が確定

体感ほぼ毎G上乗せだったので、レベル3と予想。

ほぼ毎G乗る感覚は堪りません。

ここでは370枚上乗せ

化物語2めちゃくちゃ楽しいやんけ!

蕩を契機に、あとがたりまで一直線!

 

消化中には、モードがまで昇格し、倍々連打。

化物語シリーズは、とれの倍々チャンス連打がめちゃくちゃ楽しい!

ハイビスカスがキュインと鳴れば倍々チャンス!

 

倍々チャンスには、新たな要素が加わりました。

その名も、「キレ撫子」

打ち手がキレるのならわかる、何故撫子をキレさせる演出を用意したのか…

キレ撫子は、毎G初期枚数が変動しリプレイ成立時に初期枚数が決まります

この場合、20枚の時にリプレイを引ければ悶絶という訳です。

こりゃ打ち手がキレますよ。

ど安めの3枚なので、普通の5枚配当の方が嬉しかった。

リスクがある分、配当デカいのを引けるとリターンがデカいのでケースバイケースでしょう。

どこからそのパーカーを持ってきたのかは不明ですが、この格好はすこ。

ヤンキーっぽい恰好ってなんだか惹かれます。

 

配当にキレそうでしたが、超倍々チャンス!!!

5号機化物語では、10万枚overの上乗せをかます猛者がいる程の爆裂契機。

6号機なら有利区間完走レベルで事故れるのでは?!

 

ボーナスの方が乗りました。

 

でも蕩は継続。

撫子ちゃん、鼻くそほじってる‥?

 

鼻くそチャンスから、速攻でデカプッシュから倍々チャンス!

そしてしこたまの勝負どころの忍保留!

倍々チャンスの事故契機と言えば、この保留です。

果たして取れるか‥?

 

無念卍。次の保留を取れたのが悲しすぎる。

結局50枚くらいしか乗せれず、大チャンスを逃す。

再度キレ撫子を引くも、初期枚数は5枚。

恩恵を生かしきれず、70枚くらいの上乗せ。

 

その後も細かく上乗せをしていき、倍々チャンス中に見慣れない画面に‥

これは‥

あとがたりに突入です。

 

あとがたりとは?

突入契機:獲得予定枚数1500枚突破

恩恵:1セット100枚×60%ループ

 

打ってる最中は、

「これって枚数損するんじゃないか?」

と疑心暗鬼でしたが、獲得予定枚数は必ず取れるようです。

おまけで、1セット100枚の60%ループがついてきます。

ここは嬉しいところですね。

 

結果は、結構継続して2000枚獲得。

ちょっと得した気分です。

十分出てくれました。

 

天井期待値は低いラインから打てます

 

期待値見える化さんの、天井期待値を参照すると等価なら100G~狙えます。

個人的には、250G越えてないと期待値ないもんかと思ってましたが、ただの思い込みでした。

安いですけど、天井は低いし、通常時で当たる可能性もあるので積極的に狙いたいところ。

意外と面白いですしね。

ただ、天井恩恵の傾物語を突破できないと収支は結構荒れそう…

今度は2400枚獲得を目指して打っていきます。

-実践記事

Copyright© スロリスクタイム , 2020 All Rights Reserved.