パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

ミリオンゴッド~神々の凱旋~の純増って本当に3枚…?

2019/08/27
 




凱旋がホールにデビューしたのは自分が社会人になってからか…
そう思うと月日が流れるのは早い。
5号機のGODとしては4作目となる本機はGODシリーズの中でも最高峰の純増を誇る。

・GODシリーズ純増比較
 神々の系譜:2.4枚
 ZEUS;2.2枚
 ハーデス:2.9枚
 凱旋:3枚
 4号機GOD:約10枚笑

勿論4号機と比べてしまうと3分の1程度の純増だが、5号機の規定上仕方がない。
そんな凱旋だが、よく聞く純増詐欺の話をよく聞く。
実際自分自身も凱旋の純増は3枚はないと体感ではあるが感じている。
せいぜい2.6枚程度ではないかと感じる。
過去のGODシリーズにおいても、神々の系譜、ZEUSも純増が公表よりも低いと感じることが多々あった。
何故かハーデスは純増以上に出ることが多かったからかこちらは本当だと思っている(個人的感想)
そう思うとGODシリーズの思い出は多々あった…

神々の系譜が出たのは丁度大学に進学してからだった。
人生を狂わすほどの名機、ミリオンゴッドの名を継承し、五号機としてホールデビューしたときは胸が高まったものだ。
五号機でGODを出すのは不可能だとも言われていたらしいが…
当時は攻略雑誌を見ながら朝一から天国狙いで打っていたなあ。
残念ながらそのホールは万年ベタピンと気づくまで5年近くかかったが…
(今はそのホールは潰れている)
5Gくらい打ってキンキン言わなければ台移動を繰り返していた時代だ。
あるとき7Gで画面がブラックアウトしたときは感無量だったのも記憶に新しい。
よく閉店での取りきれずが多発してしまったが、今となってはもう一度打ちたい機種でもある。
因みにGODゲーム1セットでの最低獲得枚数は90枚程だった記憶。

ZEUSが出たときは神々の系譜よりも純増が下がったくそ台と思っていたので全く触っていなかった。
マイホを変えてからは、5スロコーナーに美味しいゲーム数で落ちていることがあったので良く天井狙いをしていた。
実際打ってみると、黄7の5連でゲーム数上乗せ+セット数上乗せ抽選がされており、
画期的な仕様だったと今になって思う。
しかし純増面においては残念としか言えなかった。
最低獲得枚数は100枚程で、過去万枚も逃した記憶。
純増通りいっていれば万枚のところが、純増に対して1200程足りず閉店してしまった記憶がある。
GODゲームが200Gスタートとなる裏モードもあり、一喜一憂できる仕様であった。
こちらもホールに残っていればまた打ちたいものだ。

ハーデスは丁度大学3年?くらいか記憶が怪しい。
Twitterでハーデス5000G乗せの画像が出回った時は恐ろしさを感じたものだ。
当時のゲーム数上乗せでは考えられないゲーム数だった記憶。
フェイ9999やらアモン9999乗せなんかもこのご時世だったかな?
今までのゲーム性とは異なり、セット数上乗せからゲーム数上乗せにシステムが切り替わった。
大抵駄犬でショボ出玉だったが、ハーデスなんかを引けたときには∞の可能性を感じてしまうことは確かだった。
ハーデスでは最高800乗せ(図柄揃い6回、コんフリ1回)くらいしか思い出がないが、
取り敢えずしこたま負けた機種だった。
もう打ちたくない。

話が大分それた、凱旋の純増についてだ。
因みに凱旋では投資130Kから何故か捲れたこともあり、思い出深い機種である。
導入当初打って、複数台で130k負けたところから6600枚程出た記憶。
この投資から捲れたのは後にも先にもこれだけである。
そんな凱旋であるが、純増を計算してみた。



●条件
 ・100,000ゲーム試行
 ・取得子役は下記
  一枚役(共通)
  一枚役(目押し)
  3枚役
  通常青7
  中段青7
  押し順黄7
  右上がり黄7
  右上がり黄7(押し順不問)
  中段黄7
  弱チャンス目A
  弱チャンス目B
  強チャンス目
  赤7
  赤7
  GOD

●凱旋の純増
 2.98枚

 100,000ゲームATを回した時の差枚は298400枚であった。
 1ゲームあたりの枚数に換算すると2.98枚。
 ほぼ3枚という結果となった。
 しかし、多くの打ち手は純増が少ないと感じている。
 その原因は何か?
 答えは右上がり黄7(押し順不問)と中段黄7である。
 これらを確率通りに引けないと、純増は2.7~2.8になってしまう。
 一日という試行の中では右上がり黄7(押し順不問)は15回程度、中段黄7は10回程度しか引けない確率のため、
 荒れるのは仕方がない。
 尚更、通常時にしか引けずAT中ひけなかったら純増3枚にはなりにくいのが今回の考察で判明した。
 一応、すべての子役を確率通り引ければ約3枚であるが、確率の重い15枚役を引けないと純増が少なく感じてしまうのが
 答えであった。

●まとめ
 ・凱旋の純増は約3枚で合ってる
 ・AT中に右上がり黄7(押し順不問)や中段黄7を引けないと純増3枚はいかない

自分の体感純増枚数が低い原因が分かったのでまずよかった…
単なる引き弱というのが答えか…



 







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2018 All Rights Reserved.