パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

パチスロにタイマーってあるの?!IT屋が本気で考えてみた

2019/08/22
 

パチスロのタイマー疑惑

真偽は定かではないが、度々噂されている。

よく言われるのがユニバの新台。

新台期間の機械割が甘いと言われることが打ち手からも、ホールからも言われている。

頻度の多さから、「タイマーなるものが搭載されているのでは?」と噂されるように。

それとは逆に、新台期間を過ぎた後に発動されたと言われている、サンキョーのISによる「逆タイマー事件」が記憶に新しい方もいるのではないだろうか?

ISが新台として導入された頃は、出玉が全く伴わない報告が多かった。

普段から設定を使ってる店でも、である。

しかし、新台期間が過ぎた頃から爆裂報告が相次ぐように。

ユニバ台のタイマーとは全く反対の挙動だったため、「逆タイマー事件」と呼ばれるようになった。

そんなタイマー疑惑を、日夜プログラミングを本職とするIT屋が深く考えてみる、そんな記事だ。

 

そもそもパチスロにタイマーを付けることは可能なのか?

 

本職プログラミングをする私からすれば、可能だ。

むしろ楽勝と言っても過言ではない。

前提として、パチスロ機はプログラムで動く。

なのでタイマーを付ける時はプログラムに細工さえできれば問題ないのだ。

さて、付けれることが分かったところで軽くプログラムの基礎に触れさせてもらいたい。

プログラムの基礎としては、条件式判断式ループ式さえ理解できれば簡単に組み立てられる。

一見すると難しいと思うかもしれないが、簡単に説明させてもらう。

 

条件式と判断式

 

鉄拳デビルverのフリーズ抽選を元に説明しよう。

この場合、条件式となるのが、

・レバーを叩いた時のフラグがフリーズフラグだったかどうか

判断式に当てはめると、

・フリーズフラグに当選した場合

・フリーズフラグに非当選だった場合

に振り分けられる。

簡単に言うと、条件式が「なんのフラグを引いたか」、判断式が「そのフラグを引いてどういう結果を出力するか」である。

 

ループ式

 

鉄拳デビルverでフリーズフラグを引いたとしよう。

フリーズの恩恵は、「ストック5個+毎G80%ループのストック抽選」である。

ループ式が出てくるのは、「毎G80%ループのストック抽選」

なので、ループ式に当てはめると

・ストックに当選(継続)

・ストックに非当選(非継続)

となる。

ここまでがタイマーのプログラムに関わる前提だ。

 

タイマーを付けるには?

 

タイマーの前に軽くパチスロの検定について触れておく。

検定についてホントざっと読んだ感じだと、「ある規定の元17500G試行して、規定内の動きとなっていれば合格」そんなイメージ。

そして、検定が通るとプログラムの改変は認められない

そりゃそうだ笑

出玉率を超抑えたプログラムで通して、後から爆裂機になんて変更されたらユーザーは嬉しいけどホールからしたらたまったもんじゃないからね。

という事で、この条件の中、どうやってタイマーを捻じ込むことができるか…。

ここからは推測の元、語らせてもらいます。

そもそも、タイマーなるものが搭載されているとしたら、何故検定で見つけることができないのか。

答えは簡単。

プログラムを見ずに、17500G回した結果しか見てないからだ。

まずIT屋の観点から見ると、17500Gしか試行されないのであれば不正し放題としか思えない。

検定が本当に17500Gで終わるという前提であれば、新台期間に合わせてタイマーを付けることは容易。

こんな感じにね。↓↓↓

①トータルの回転数が17500G未満 もしくは

 トータルの回転数が100001G以上→②へ

 トータルの回転数が17501G~100000G→③へ

②設計値通りの出玉率

③設計値+1%の出玉率

チョロすぎワロタ。

タイマー自体は、たったこれだけの条件式を追加するだけで実現可能。

もしくは、本当のタイマーみたいにすることも可能だ。

仮にホール導入日が1月11日だったとしよう。

そうした場合は、

➀パチスロ台の日付が1月11日〜1月18日の場合→➁

 それ以外の場合→➂

②設計値通りの出玉率

③設計値+1%の出玉率

とすれば、こちらも実現可能。

タイマー自体付けるとしてもコストがかかると思われるかもしれないけど、プログラムにちょちょっとコードを追加するだけで実は実現可能だったりするんじゃない?

あくまで推測でしかないけど、自分がメーカーだったらこれが最速だと思う。

逆タイマー事件のISなんかだとこの逆であろう。

①トータルの回転数が100000G未満→②へ

 トータルの回転数が100001G~150000G→③へ

 トータルの回転数が150001G~→➁へ

②設計値通りの出玉率

③設計値+1%の出玉率

こんな感じで逆タイマーを付けることも可能だと思われる。

 

結局タイマーってホントにあるの?

 

結論は不明だ。

いつからか忘れたが、パチスロ機のプログラム解析は現在著作権でNGとなっている。

雑誌なんかでも出している解析値なんかも、メーカーから公表された値というだけだから実のところメーカーしか真偽は分からない。

昔は普通に中身を見て、本当の解析だったらしいけどね…

しかし、実際タイマーを付けるとしても上で書いた通り容易に実現できると思われる。

やり方自体があってるかも不明だし、そもそもタイマーがホントにあるのかすら不明だけど。

でも、タイマーがあることで打ち手の印象もよくなるし、稼働も付きやすくなる可能性があるのならそんなに悪いものではないかもしれないね。

今は情報化社会だから、良い評価も悪い評価もすぐにアウトプットされる時代だ。

新台として世に出すのであれば、良い評価を求めるのが開発者冥利なのではなかろうか。

やり方は不明だけど、いつかはパチスロの中身を解析してみたい…

因みにIT屋の私ですが、そんな日常を少しでも知ってみたいという方は↓の記事に現実があります…

IT業界に就職・転職する時に気を付けた方がいいこと

押してくれると嬉しいです
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.