雑記

パチスロ動画が収益化対象外となった本当の理由とは?

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
> YouTubeのパチスロ動画が収益化の対象外 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

実際パチスロ動画を見ると、広告のバーは見えるけど広告は表示されないですね…

一部、大丈夫な方はいるみたいですがほとんどのパチスロ動画投稿者は打撃を受けているようです。

企業やGoogleサイドから見れば妥当な判断と言わざるを得ないかと。

 

そもそも、YouTubeの広告はGoogleアドセンスです。

広告は主に企業がGoogleに依頼をして掲載してもらうもの。

ここで重要なのが、

「企業が広告を出す意味」

この一点だけを考えると、自ずと納得できる理由が見えてきました。

本記事では、パチスロ動画が収益化対象外となった理由を徹底的に考察していきます。

GoogleアドセンスのWIN-WINの関係性が崩壊

 

結論から言うと、広告を出した企業の費用対効果が薄くなったからだと考えられます。

そもそもYouTubeの広告であるGoogleアドセンスとは何か?

一言でいうと、広告型の収益モデルのことです。

 

少しGoogleアドセンスの仕組みについて簡単に説明します。

企業はGoogleに広告の掲載依頼を出します。

Googleの検索エンジンは、世界シェアNo.1ですから広告の効果は絶大。

しかしここには多額の費用がかかります。

Googleは依頼を受けた広告を検索エンジンやサイト、ブログに広告を掲載します。

勿論手当たり次第に掲載するわけではありません。

広告が掲載されるのは、Googleアドセンスの審査に通ったユーザーのWebサイトや投稿動画。

「何故Googleアドセンスの審査に取ったコンテンツだけに表示させるのか?」

「Google単体で広告を掲載した方が儲かるんじゃない?」

そういった疑問がありますが、ここには2つの狙いがあります。

 

まず1つ目。

良質なWebページを増やすこと

Googleアドセンスは下手すると働かずとも生きていける額を稼ぐことが可能です。

Googleアドセンスのユーザーにとっては一番のメリットですね。

広告収入を増やすためには、Webサイトを作る必要があります。

このWebサイトの質で広告収入が決まると言っても過言ではないため、頑張って作るわけです。

そうすると、Googleの検索エンジンが常に最適化されていくことになります。

Googleの目標は、「ユーザーにいち早く適した情報を届けること」です。

それは良質なコンテンツが増えれば増える程実現していきます。

Googleアドセンスのユーザーのモチベーションを高めつつ、Googleも目標達成に近づける…

そうすることで、企業から依頼された広告が多くの人の目に留まります

広告は視認されなければ、意味をなしません。

そういった意味では、Google単体で広告を掲載しないという点が理にかないます。

 

2つ目は、

広告の効果を最大限に高めるため

Googleアドセンスは、ユーザーマッチングと呼ばれる仕組みが用いられています。

簡単に言うと、その人の嗜好にあった広告を提供することです。

GoogleアドセンスのユーザーにWebサイトの品質を高めてもらい、見た人に広告を見てもらう…

例えば、車の記事や動画に新車やタイヤの広告があると少し興味を持ちませんか?

興味を持たれる方がいれば、購入というアクションに繋がります。

そうすることで、企業は利益を得られ、広告を出したときの満足度が上がります。

利益が伸びるのであれば、再度Googleに広告の掲載依頼を出す可能性が高い。

Googleからしても、広告費が入るので利益となります。

Googleアドセンスのユーザーからしても、広告収入が得られるので利益となります。

 

企業、Google、Googleアドセンスのユーザー

全員がWIN-WINになるのが、このGoogleアドセンスというわけです。

 

しかし…パチスロ動画はそうは行かない。

何故なら、パチスロ関係の広告が極端に少ないから。

YouTubeでパチスロ動画を見た時、パチスロ関係の広告ってどれくらいの頻度で流れますか?

私は毎日パチスロ動画を見るのが日課ですが、ほとんど見られません。

そうなると、表示されるのはパチスロに関連性のない広告ばかり…

WIN-WINの関係性が崩壊したのは、正にここだと思います。

 

企業が広告を出すのは、企業の利益を上げるためです。

YouTuberを作ることではありません。

 

パチスロ動画を見る時の目的とはなんでしょうか?

・新台の挙動を見たい

・もう打てない台の実践動画を見たい

・パチスロが好きだからとにかく見たい

…etc

そういったところではないでしょうか?

大半の方がここに該当すると思いますが、ここに購買意欲ってありますか?

多分、大多数の方はないと思います。

大多数の方は、パチスロに関する何かしらの情報が欲しかったり、純粋に実戦動画を見たいといった行動しかしません。

なにで、パチスロ動画に広告が表示されてもほぼ無意味なのです。

企業がそんな無意味な広告に高い費用をかけたいと思いますか?

流石に無理ですよね。

傍らで、「月収100万稼いでます!」みたいなYouTuberがそこらで出てきたら企業からすればブチギレ案件。

企業「広告の費用対効果が低い!なのにYouTuberは稼げてるってどういうことだ!」

という感じになったのではと推測します。

 

ただ、ここを裏付ける根拠があります。

Twitterで流れていたYouTubeのスクショに、

「ほとんどの広告主に適していない」

の記載がありました。

最早真意です。

関連性もなく、購買意欲の低いユーザーが見るパチスロ動画に広告を出す意味は皆無。

だったら出さなくていいよね、というのが答えだと思います。

 

 

 

パチスロ動画の市場がデカくなりすぎた

 

しかし、前までは普通に広告収入の対象でしたよね。

何故今更?

その答えが、市場規模がデカくなりすぎたことが原因かと。

 

YouTubeのパチスロ動画の歴史は意外と浅いです。

大体7年ほど前の2012年頃から活発になった記憶。

先駆けとなったのは、アロウズスクリーンのシーサ。さんではないでしょうか。

元パチンコ店の店長という経験を活かし、様々なホールで実践をしては動画投稿をしています。

挨拶の鬼と呼ばれるくらい、礼儀正しいお方ですが初期の頃は結構オラついてました。

個人的には昔の方が素の感じがあって好きですね。

今は「礼儀」という鉄壁の仮面をつけているイメージで初期とはかけ離れてますが‥

 

そこからは企業、個人に至るまで多くの方がパチスロ実践動画を上げるようになりました。

市場規模としては年々増加傾向で、「中古の家を買った」、「月収500万」など景気の良い話もチラホラ‥

 

ジョーカーメイクで有名な1GAMEのてつさんも、パチスロ動画で1億稼ぎ、本まで出版。

初めはニコニコで実況動画を上げてから、百鬼夜行で一躍有名人に。

そこからは、パチスロ本来の楽しさを広めるべく実践動画を投稿しています。

 

しかし、このシェアがデカくなりすぎたことで、企業から依頼された広告がパチスロ動画にたくさん貼られるという自体になってしまいました。

昔は市場規模が小さかったので、企業からしても特に問題なかったのでしょう。

しかし年々市場規模がデカくなったことで、企業が広告を出すことで得られる費用対効果が薄くなった。

結果、パチスロ動画が収益化対象外となったのではないでしょうか。

 

パチスロブログもヤバイんじゃないの?

 

少し気になりません?

パチスロ動画がダメなら、横展開でパチスロブログもアウトなんじゃないかと…

実際本ブログもGoogleアドセンスを利用しています。

が、広告収入はキッチリ入ってます。

個人的な推測ですが、パチスロブログだからと言って広告が消えることはほぼ100%ないと言い切れます

 

何故なら、YouTubeとの広告収入のシステムが全然違うからです。

YouTubeの場合、広告が表示されたらスキップできません。

見終わるまでは動画が見れないものとなってます。

なので、再生されるごとに動画投稿者には少なからず収益が発生しています。

しかし、ブログの場合はクリック型です。

見たい人は見るし、見ない人は見ない。

クリックされれば収益が発生しますが、クリックされなければ収益は発生しませんし、企業の広告費もかかりません。

なので、YouTubeに比べれば企業は無駄な費用を払っていないことになります。

その点から見ても、消えることはほぼ100%ないと言い切れます。

 

しかし、たった一つ。

パチスロブログの欠点があります。

それは広告収入が異常に安いこと。

Googleアドセンスのクリック単価は平均30円と言われています。

しかし、本ブログの場合だと1/3です。

何故なのか。

今回のパチスロ動画収益化対象外という事象でハッキリと分かりました。

それは、広告をクリックしたユーザーのアクションが非常に低いからです。

 

そもそも、パチスロブログを見る目的とは?

大体が、

・その人がどんな台を実践して、どんな結果になったのかを知るため

・解析情報から台の特性を把握するため

ではないでしょうか。

そこに購買意欲は存在しません。

企業が求める利益と同じように、勝って金を稼ぐことが目的だからですね。

Googleアドセンスのクリック単価は、広告クリック後のユーザーのアクションも指標と言われています。

故に、クリック単価が安いのはユーザーのアクションが低いことが一番ではないかと。

ここはパチスロ動画と同じですね。

それを考えると納得できます。

 

因みに、月の収益のお話をするとジャグラーのBIG1回分くらいです。

めちゃくちゃ少ない…

月間4万PVでこれですからね笑

他のブログと比較するとまぁ稼げない。

それでも楽しいから続けるんですけどね。

 

 

 

この先はYouTubeが厳しい時代なのかもしれません

 

パチスロ動画が収益化対象外となりましたが、これはまだ氷山の一角だと思います。

年々、YouTuberになりたいという人は後を絶ちません。

いずれは、広告の数よりも動画投稿者の数が上回る日が来るんじゃないかと割と思ってます。

そうなると、広告単価が安くなったり、広告に関連しなそうなジャンルは収益化対象外となる可能性は全然あると思います。

逆にとらえると、めちゃくちゃチャンスですけどね。

要は、広告主の企業をリサーチしてそこでシェアの高いジャンルで攻めれば収益化対象外にはならないのではと思います。

広告との関連性も高くなり、広告収入も高くなるかもですからね。

これからYouTuberになるという方は、今回の教訓を生かすことでデカいチャンスを手に入れることに繋がるかと思います。

 

最後にパチスロ動画が収益化対象外となった理由をまとめると。

・GoogleアドセンスのWIN-WINの関係性が崩壊

⇒企業の広告による費用対効果が安くなり、YouTuberが稼げるようになってしまったから

 結果、全員がWIN-WINじゃなくなってしまった

 

・パチスロ動画の市場がデカくなりすぎた

⇒デカくなりすぎたことで、関連性のない企業の広告が多く出るようになってしまった

 パチスロ動画視聴者に購買意欲はほとんどないため、広告をだしても無意味。

 

以上となります。

少しでも読者様の参考となれば幸いです。

 

※追記です。

どうやら収益化対象外のパチスロ動画を収益化対象にする抜け道が見つかったようです‥

でもこれをやると企業もGoogleもキレる案件ですから完全アウトな気がします。

最悪垢BANなってもおかしくないよ‥

>>パチスロ動画のタイトルがchance?収益化対象の抜け道見たいだけどどう考えてもアウト

-雑記

Copyright© スロリスクタイム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.