パチンコ・パチスロの実践、攻略情報、日本のトレンドまとめ

パチスロの珍古台やレア台の設置店と簡単な探し方

2019/11/05
 

珍古台、レア台って探すの結構大変なんですよね。

「あの機種打ちたい!」

「なんか昔打った台打ちたいなぁ〜」

っていうときはしばしばあると思います。

でも昔打っていた台ってドンドン記憶が薄れていくんですよね。

多分潜在記憶の方にいってしまって、キッカケや出来事がないと思い出せないっていう記憶の仕組みです。

少し前にスロッターの聖地と呼ばれる

「ニュー大根」

という神奈川のパチ屋に行ってきました。

 

 

ここにいく前は、パチスロに対するモチベーションがほぼ皆無でしたが、古い台に触れることでパチスロ本来の楽しさを思い出せた気がしました。

今のパチ屋に行っても、どこも同じようなラインナップばかりですよね。

なので会社に行ってる気分になることがしばしば。

(同じ場所で同じことの繰り返しという面で)

でも「ニュー大根」は、正にここでしか打てない機種ばかり。

私自身、ホールデビューしてから約10年と歴は浅いです。

5号機初期とまでは行きませんが、初期〜中期にかけての世代です。

そんな中でも知らない台が多数設置されてあり、

「昔はこんな台がたくさんあったんだろうな〜」

と当時を思い出すフリをしながら楽しめました。

今と違って、割りかし出やすく大負けしにくいような台が多かったので結構遊べました。

今でいえば、リゼロの高設定やハナビ通の設定Hは作業台と言われるほどですが、その作業感がなく純粋に遊べる台が多かったです。

昔の台を知らないというのもあると思いますが笑

今は規制、規制で古い台はどんどん消えてます。

近い将来、バジリスク絆、まどマギ、ハーデス、凱旋等の覇権を握っている台はどんどん消えます。

これは一例で、他の台もどんどん消えます。

なので、打てる内に打っておくというのは後悔するよりもやっておいた方がいいです。

私の場合は、「ダーカーザンブラック」が好きでした。

大黒斑ゾーンの謎の響きや流星チャンスがめちゃくちゃ好きでホールにまだあれば打ちにいこうと思ってましたが

 

 

気づけばもうありません。

いつかやろうは、気づけばもうやれないがほとんどです。

なので、今回は珍古台やレア台の簡単な探し方についてお伝えしたいと思います。

自分自身探すの結構苦労したのと、思い出せない台が結構多かったので備忘録としても‥

皆さんの打ちたい台の設置がまだあることを祈ってます。

 

珍古台、レア台の探し方

 

簡単な探し方は

 

①5号機一覧(byスロリスクタイム)から気になる台を探す

 

5号機一覧のリンクはこちら

 

➁ pworldで検索しよう

 

個人的には pworldが一番信頼度が高いです。

といっても間違ってることはありますが‥(後述します)

 pworldで打ちたい台を検索しましょう。

 

 

これで設置店があるか分かります。

 

 

「初代エヴァンゲリオン」は、「ニュー大根」だけにしかないことがこれで分かります。

この3ステップで、打ちたい台がどこにあるのか、それとももう打てないのかが分かります。

 pworldにない時は少しショックですが、あった時は撤去される前に打つことをオススメします。

 

 pworldの情報も100%真実ではない

 

ただ、pworldに書かれている情報は100%真実ではありません。

旅打ちに行った時に、「初代笑うセールスマン」が近場のホールに3台設置があるとpworldに書かれていました。

しかしホールに着くと、出迎えてくれたのは「笑うセールスマン3」

もう愕然としましたよ‥

これが県外から遠征して来てたら目も当てられません‥

お陰で忍魂で負けましたし→立ち回りをホールのせいにする

なので、確証を得るならTwitterやブログで一応ホントにそこにあるのか確認するのも手です。

(情報が古いと信憑性にかけますが)

特に遠くの地域に行く時は、予め情報収集はしておきましょう。

 

珍古台、レア台が確実にあるホール

 

自分はYouTubeで珍古台や、レア台を売っている

・メガカス

・桜鷹虎

・夜勤明け

の方々の動画をよく見ます。

どこに行っても見かけない台ばかり打つので、

「どこで打てんだ?」

と常に疑問でした。

実践している台を調べて行くと、以下のホールが有力っぽいです。

 

ニュー大根

 

場所はこちら

ここは私も少し前に打ちにいった神奈川県にあるホールです。

全国1店舗しかない台が多数置いてあって楽しい。

大体がAタイプですが、設定状況はそこまで悪くないです。

店内は狭いのですが、昔ながらの雰囲気を存分に楽しむことができます。

7枚交換で、換金所は3階。

20スロと2.5スロがあります。

駐車場は5台しかないので、車で来る時は早めに来ることをオススメします。

お盆の時に行きましたが、30分前で並びは2人。

競争率は高くありません。

閉店時間が21時と少し早めなので、ART機を打つ時は時間を気にした方が良さそうです。

トイレは一つだけ。

駐車場側入り口の外にあります。

近くにコンビニや薬局、キコーナ(パチ屋)があるのでいざとなればそこを使うのも手です。

個人的には現存するホールでNO.1です。

(因みに2.5スロのサザンアイズは設定Cみたいでした)

 

アルファ

 

場所はこちら

大阪にあるホールです。

ひぐらしの祭、初代アクエリオン等古い台が多数あります。

こちらも全国1店舗しかない台が多数置いてあります。

レートは5スロと20スロ。

ここも一度は行ってみたいホールです。

ただ、自宅からこの大阪まで来るのに車で10時間以上かかるので、中々行けません笑

いつか行けるといいなぁ。

 

今こそ珍古台やレア台を打つべき

 

最近のパチ屋は正直設定状況が違うだけで、後はどこに行っても同じような台ばかりです。

規制ばかりで飽き飽きさせられますが、ここで古い台を打つと、パチスロ本来の楽しさを少し思い出せます。

勿論、上に挙げた神奈川県や大阪府のパチ屋は住んでる場所によっては遠いかもしれませんが、行く価値ありです。

なんだか昔ばかり懐かしんで老害チックになりましたが、今の台にくらべたら昔はの台も捨てたもんじゃありません。

自分はAタイプが好きなので、古い台の見たことない告知とか見るのが好きです。

後はリーチ目規制とかだとホントに楽しい。

 

 

小役重複じゃなく、単独でしかボーナスを抽選してないような台であれば尚更。

今は一枚役の制御が大半ですが、初代エヴァンゲリオンや初代まごころのようなリーチ目マシンはもう出ないんですかね‥

それに、普段行かない場所のパチ屋に行くというのもめちゃくちゃ楽しいです。

配置が変だったり、外見が廃墟にしか見えないのに営業してたり。

色々な発見があります。

さらに言えば、 pworld非掲載店にもたまに巡り会えます。

私はまだ1店舗しか見つけれてませんが、攻略法の存在で撤去が進んだ、羽根モノのサイバードラゴンが置いてありました。

北の国、北海道ではゴルゴ薔薇や番長2が未だに存在しているみたいです。

ゴルゴ薔薇は設定1でも万枚到達率が5%ある化物台で有名です。

1カ月全ツすれば、一回は万枚到達できる恐ろしい台。

まぁ1カ月全ツすれば万枚以上負けれそうですが‥

YouTubeの夜勤明けさんが未だにA+ARTのモンハンを打てているのも pworld非掲載店だと推測。

( pworldで検索しても0件のため)

 pworldでは見つからないけど、非掲載店なら見つかるかもしれない夢もあります。

なので、この先の6号機にホールを占拠される前に打ちに行かれるのがいいと思います。

車中泊を駆使したり、健康ランドを使ったりすれば宿代なんてほとんどかかりません。

(過去の旅打ちの記事はこちら

道中のパチ屋で勝てば旅費も浮いて旅行にもなります。

個人的に旅打ちは面白いのでオススメです。

皆さんが珍古台やレア台に巡りあえることを願っております。

 

旅打ちの記事はこちら

 

応援してくれると嬉しいです

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© スロリスクタイム , 2019 All Rights Reserved.